ニュージーランド旅行記 -鳥の楽園- December 2010

太古の昔、四つ足動物が生息しない”鳥の楽園”だったいうニュージーランドで、
思いっきり自然と戯れたい!という思いから、1週間ほど
昨年末の余暇を過ごしにニュージーランド南島に行って参りました。

行けども行けども、見渡す限りの緑と空と羊の群れに飽きる事なく
存分に自然を堪能する事が出来ました。

シダの森に

朝5時半起床。クイーンズタウンからバスで約2時間、さらにTe Anau(テアナウ)湖をボートで渡ること1時間したところにある、日本では見る事のできない原生林やシダ植物の森、ミルフォードトラックを歩いて来ました。

”鳥の楽園”と言われるようにここの森にはクマや蛇といった危険な動物がいない為、トレッキングにはとっても適したところで有名です。そして、世界一美しい散歩道 “The Finest Walk in the World” とも呼ばれています。

森の中へ

この日の森のお天気は雨。夏だというのに寒い。しかし不快な事はなく、ここは雨の森なんだなぁ、と思うほどシダやコケが生き生きとし、初め て見る苔むす木々や樹齢600年のブナの木にテンションが上がります。耳を澄ませば、聞いたことのない電子音の様な声で鳴く鳥のさえずりが響いていました。

Clinton River

クリントンリバー沿いを進みます。雨が山の至るところに滝を作り、景色を作ります。

Wet Land

「Amazing!!!」私が英語圏の人間であればそう叫んでいたでしょう。目が覚めるようでした。グループから逸れそうになる程、シャッターを切りました。こんな色鮮やかな湿地を見た事がありません。アメイジング。。。!

感動しっぱなしのミルフォードトラック、山好きにはたまらない非常にお勧めの場所です。

羊の毛刈りSHOWを見る

去年のいつだったか、石原さとみちゃんが羊の毛を刈っているシーンを見て私もやりたいなぁ、と思っていたので今回の予定の一つに入れてみました。

☟休みの日は釣りか読書をするという400ヘクタールの牧場を所有するビルさんと牧羊犬のアイスくん。

アイスくんは羊たちの先頭に立って目的地まで誘導します。吠える事をせず、眼力と体の動きだけで羊たちをコントロールします。

それでは、毛刈りスタート〜!

 

おおおおぉぉお!ものの2~3分であっという間に丸坊主です。見ているだけで十分楽しめた毛刈りSHOWを最後にニュージーランド旅行記を終えたいと思います。

最後に。。

木々を伐採し続け、多くの自然と鳥を失い、その反省から再び木を植え始め、現在自然を最も大切にする国となったニュージーランド。1週間の短い旅行でしたが、都会を離れ大自然に身を置き、目にするもの、触れるもの全てから生気と癒しをもらう事が出来ました。

さて、次はどこに行こうかなぁ。。

 

 

This entry was posted in CHILLOUTS, 旅行記 | TRAVELS. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.